本文へジャンプ

おすすめコース

周辺情報

トップページ の中の 宇津江四十八滝

宇津江四十八滝

標高1,200mの滝上川を源として流れ出す四十八滝川は、急峻な谷あいに数々の伝説を秘めた大小無数の滝を造り出しました。 苔むす大樹や岩をぬい、水煙を上げて落下する滝群は、四季折々に装いを変え、まさに秘境そのもの。

昭和11年 岐阜県天然記念物 指定
昭和35年 県立公園 指定
昭和40年 県立自然公園 改定
昭和58年 全国自然100選地 指定
昭和61年 岐阜県名水50選地 指定

滝めぐり

滝めぐりハイキング

ゆっくり登っても約1時間、神秘な自然の造形美をじっくりお楽しみください。

宇津江四十八滝地図

滝の名前をクリックすると、下記にイメージ画像が表示されます。

宇津江四十八滝地図 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。 クリックすると下記に画像が表示されます。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

11月21日~3月31日 四十八滝温泉「遊湯館」
TEL:0577-72-5526 / FAX:0577-72-5527
4月1日~11月20日 宇津江四十八滝総合案内所
TEL:0577-72-3948 / FAX:0577-72-4841

宇津江四十八滝の伝説

伝説イラスト

昔むかし、この里に「よそ八(はち)」という若者が「かか様」(母)と住んでいました。 ある年の春、かか様はちょっとした風邪がもとで寝込んでしまいました。なんといっても寄る年波なので、 起きて出る元気もなかったのです。 よそ八は魚の好きなかか様に食わせてやりたいとイワナをとりに行きました。 どうしたのやら、その日に限ってちっとも釣れないので、我を忘れてどんどん奥へわけいってしまいました。 宇津江の山奥には大沼があって大蛇がいるという話でした。よそ八は知らないうちに、とうとうその沼に来てしまいました。 沼は鏡のように静まり返っていました。釣り糸をたれると一尺(30cm)もあるイワナが面白いほど釣れたのです。 ひょっと見ると、沼のふちの栗の木に大蛇が巻きついてランランと光る目で見ているので、びっくりして一目散に家へ逃げ帰りましたが、 大蛇の妖気に打たれて高い熱を出して寝込んでしまいました。

伝説イラスト

その夜、美しい旅の娘が訪ねてきて親切に看病してくれました。数十日後、すっかり元気になったよそ八の夢に娘が現れ、 「私は大沼に住む大蛇です。海に千年、山に千年の修行が終わったので、天に昇らなければなりません。親孝行のあなたを 助けてあげようと私の血をしぼって飲ませました。今の私は嵐を呼ぶ力も、天に昇る気力もなくなってしまいました。」 と告げ、二度と戻ってきませんでした。 話を聞いた偉い行者が「よし、わしがその大蛇を救って進ぜよう」と断食して不動明王に願掛けして祈祷を始めました。 ・・・そして満願の二十一日目・・・天にわかにかき曇り稲妻が光り、雷鳴するどく大嵐となり、風を呼び雲を起こした大蛇は 龍になって天へ昇って行きました。

伝説イラスト

翌日行ってみると渓はごつごつの岩肌が出て大小数十段の滝ができてキラキラと輝いていました。 そして大沼はすっかり干上がって、栗の木は根元から枝先までねじれてしまっていたのです。 後年、諸国修行の途上立ち寄った弘法大師が「その行者は不動尊の化身であり、よそ八(四十八)とは仏法四十八願を意味するものであろう。」 と言われ、以後この滝を四十八滝と呼ぶようになったと言うことです。 また四十八滝は不浄を忌み、不浄なことをすると必ず大夕立となり、昔より水乞いのとしても有名で各種の文献に史実が残されています。

しぶきの湯 遊湯館 Facebookページへのリンク

Link

定期バスのご案内

宇津江四十八滝温泉
しぶきの湯 遊湯館

地図

住所:岐阜県高山市国府町
宇津江964
TEL:0577-72-5526

◆11月~3月◆
営業時間:10時~21時
※入館受付:20時30分

◆4月~10月◆
営業時間:10時~21時30分
※入館受付:21時

休館日:毎週木曜日
※木曜が祭日の場合は金曜休館

泉質:単純温泉
(アルカリ性単純温泉)
日帰り温泉(宿泊なし)

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る